トップページ > 山口県 よろず支援拠点とは

山口県 よろず支援拠点の概要

 中小企業・小規模事業者の経営支援体制をさらに強化するため、①既存の支援機関では十分に解決できない経営相談に対する「総合的・先進的経営アドバイス」、②事業者の課題に応じた適切な「チームの編成を通じた支援」、③「的確な支援機関等の紹介」等の機能を有する「よろず支援拠点」を山口県に設置しました。
山口県よろず支援拠点 プロジェクトイメージ

(1) 支援のポイント 

 商工会・商工会議所や認定支援機関を含めた支援機関の連携体制の強化を図り国の施策等の活用を促進して、中小企業・小規模事業者の経営課題を解決します。

(2) 支援の流れ

①総合的・先進的アドバイスの実施

 既存の支援機関では十分に解決できない経営相談に応じ、中小企業・小規模事業者の課題を分析し、一定の解決策を提示するとともに、フォローアップを実施します。
「財務体質の強化」「既存事業の絞り込み」「資金調達」など中小企業・小規模事業者が抱える多岐に亘る課題について、認定支援機関や山口県経営支援プラットフォームなど支援機関との連携を強化しつつ、中でも小規模事業者の相談対応を行う商工会・商工会議所と連携を図るため移動相談窓口対応を行い、課題の抽出・整理し適切なアドバイスを行います。

②支援チームを編成し支援(課題に応じて各支援機関が支援チームに参画)

 拠点が司令塔となり、中小企業・小規模事業者の課題に応じた適切な支援チームの編成を支援します。チーム編成のため、課題の抽出・整理し、複数の支援機関、公的機関や専門機関(中小企業診断協会、公設試験研究機関、大学等)とチーム編成を主導します。

③適切な機関につなぐ ワンストップサービス

 コーディネーター等を中心に、各支援機関とチーム連携し、定期的に県内各地域相談で広く相談に応じ、各種相談に応じて、支援機関・専門家を紹介する等、適切な支援が可能な者につなきます。

Copyright(c) 2014 経営相談・支援窓口 山口県 よろず支援拠点 All Rights Reserved.